子供の頃から出す・出さないであれこれ考える年賀状

アニメ「ちびまる子ちゃん」で、まるちゃんがクラスメートの誰に年賀状を出して、誰には出さないと思案するという話がありました。
それを見て学生時代に悩んだのを思い出した記憶があります。

学生の頃の付き合いって、クラスメートと親戚くらいですよね。
クラスメートも仲の良い子は出すにせよ、微妙なお付き合いの子に出すか出さないか、今後のお付き合い度を考えて出していました。
特に男子は難しいですよね。
席が隣程度で年賀状出したら、気があるじゃないかなんて思われるんじゃないかとか。
本当に好きな子には出しづらかったりしましたね。

高校くらいになると、男女の関係もフランクになって、仲良しグループの男子には普通に出していました。
ただ、相手が出してくれていないと、自分は出したのになとちょっと気分が悪くなったりしました。
今の若い子たちは年賀状を書いているんでしょうか?
LINEでリアルタイムにやりとりが出来てしまう世の中です。
確かに便利だし、お金も掛からず経済的です。
年賀状って普段会っているのであれば必要はないと思います。
冬休み中は同級生にもしばらく会っていない期間なので、年賀状を見てうれしい気持ちになったものです。
年賀状をもらってうれしい気持ちになるっていうのもまた良いものです。
若い方もLINEですまさずに年賀状を出してみてはどうでしょうか。
(という自分は手書きだと10枚程度しか書いていませんが・・・)